File.75 >> 雲仙宮崎旅館 美肌の温泉

今回は、九州長崎の温泉です。
名古屋近郊・日帰り温泉ではありませんのでご注意下さい。

セントレアです。少し早めに行ったらお客さんも殆どいませんでした。

先方へ名古屋っぽいお土産をチョイス中。
ん~、チームしゃちほこ関連が欲しかったけどなかった(笑

ので、普通に今となってはどこでも食べられるかもしれませんが、普通に「あんかけスパ」。

名古屋市の認定「手羽煮」。風来坊か世界の山ちゃんがあれば良かったのですが発見できず。
ちょっと高めですが、さんわです。最近またさんわのCM復活してますよね?ご覧になられました?
♪おいしったらないねっ

さて、国内線はANAで埋め尽くされていました。

B737です。この翼のキュッってのが特徴ですよね。
下に見えているのは、・・・どこだろ?雲が多くて所々見えていた陸上なので良く分かりませんでした。

1時間チョットで、長崎空港に到着です。長野や群馬に車で行くより時間は短かったりします(笑

雑誌でお馴染、幸楽で昼食です。

ふぐフライです。やわらかくて本当に美味しかったです。

定番。写真で1人前。1,500円くらいだったと思います。
豪快なさばき方です。かなり分厚く食べ応えがありました(笑

店内の水槽には、沢山のふぐやカレイが泳いでいました。

ところ変わって、島原城です。復元されたお城で所謂ハリボテ城です。

この放送は、リアルタイムで見た記憶がありました。

喝!

雲仙岳災害記念館です。何となく、災害の記念っていう表現に違和感を感じながらも。

こちらが、当時報道人が使っていたカメラです。
私は年代的に記憶にないのですがこのカメラで撮影された報道が再生されており見ていた他のお客さんが記憶にあると仰っていました。
入館料は、1,000円と高めでしたが、すべてのアトラクションに専属の説明してくれる、スタッフがいたりお金のかかっていそうな設備が沢山で値段の価値はありました。

と、有名な観光地を少し紹介しまして当ブログメインの温泉です。
この日、宿泊した旅館の温泉です。

有名な、雲仙地獄です。地獄めぐりなんて私にピッタリ(汗
噴出した煙と、水から出て来るガスか高温で沸騰しているのか分かりませんが、ブクブクまさに地獄のようです。
匂いも、乗鞍温泉やひらゆ温泉も比にならない位の硫黄臭でした。

お糸地獄。

旅館の夕食です。もみじで儲かった人沢山いますよね。

この日のメインディッシュです。ビーフシチューです。とろけるお肉でした。

こちらは、朝です。島原のそばは有名なんですね。恥ずかしながら知りませんでした。

宮崎旅館では、日帰り入浴はできないと思いますが、地獄の入口付近に足湯があります。

こちらも、かなりいい湯だとい思われます。

旅館の庭です。

内風呂、露天風呂ともにとてもよかったです。
やはり私、硫黄温泉が一番すきです!!

公式サイト:http://www.miyazaki-ryokan.co.jp/

この温泉にオススメの宿
100%源泉掛け流しの宿 雲仙スカイホテル

じゃらんで詳しく見る
4種の自家源泉 ゆやど 雲仙新湯~異なる泉質の源泉かけ流し~

じゃらんで詳しく見る
雲仙温泉で唯一320年白濁の湯を守り続ける宿【雲仙湯元ホテル】

じゃらんで詳しく見る
白濁源泉掛け流し八湯めぐりの湯 民芸モダンの宿 雲仙福田屋

じゃらんで詳しく見る
すべてのオススメ宿を見る>>

By Ounet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です